野良メモ -noramemo-noramemo

京都府京都市山科区で活動するwebデザイナーのブログです。

[:N]簡単!立体!集中力あがるかも!メタリック ナノパズルをやってみました

この記事は2013年6月26日に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

集中力持続につながる?変わったパズルをやってみよう!

パズルといえばよくあるのがひとつひとつのピースをつなぎ合わせる事で平面の絵柄を表現するジグソーパズルです。私もよくやる方なのですが、この度「メタリック ナノパズル」というものをいただき挑戦してみました!なかなか面白かったので軽くご紹介させていただきます:)

こんにちは!@noramasaです。
私は定期的にジグソーパズルをしていて、幼い頃からよく集中して黙々と完成させていたらしいです。(幼い頃は単純に無我夢中というレベルだったかもですが…)
その効果と言えるかは個人差があると思いますが、パズルをする感覚で様々なことにすぐ集中してそれを持続することができるようになりました。自分で感じだしたのは高校生くらいからで、部活なんかでも集中力をある程度自分でコントロールできるという感覚です。コントロールというと大袈裟ですかね、少々なにかの影響を受けてもすぐに目の前の作業に集中することができるという感じです!社会人になった今では、仕事中に気持ちが切れることがあっても、自分の意思で再集中が早くできるのでなかなか重宝しています:)
まぁ個人的な感覚なので科学的な証明もありません!とはいえ、普段と違う脳の使い方をするのはなかなかいいそうですよ。

ということで今回は少し変わったパズルをやってみました。メタリックで立体なんですよ!
ほんの数十ピースで完成する簡単なものもありますので、ぜひみなさんも『寝る前にちょろっと…』という感じでやってみてもらえればと思いご紹介します!

メタリック ナノパズルとは

メタリック ナノパズルはレーザーで超精密加工したメタルシートから、パーツを取り外しペーパークラフトのように曲げたり、折ったり差し込んで、手のひらサイズのミニチュアモデルの世界を作製できるパズルです。

  • メタリック ナノパズル
    メタリック ナノパズル

どちらかといえばパズルではなく、プラモデルの方が近い感じです。メタルといってもハンダや接着剤は不要なのでご安心ください。

実際に組み立ててみました!

今回組み立てるのは「ブラックパール号」という海賊船のパズルです!ピース(パーツ)数はだいたい20個で、かなり簡単な部類だと思います。
ちょっと途中の過程の写真がなくてほんとに申し訳ないのですが、雰囲気だけでも伝わればと思いますX(

  • あると便利な道具たち
    こういう道具があると便利です
  • 中身はこんな感じ
    開封すると細かく加工されたメタルシートが入ってます
  • メタリック ナノパズルの完成イメージ
    メタリック ナノパズルの完成!
  • メタリック ナノパズルの完成イメージ
    ピース(パーツ)数は少しなのにいい感じの出来栄え!
  • メタリック ナノパズルの完成イメージ
    メタル質感っていうのもインパクトがあっていいですね!
  • メタリック ナノパズルの完成イメージ
    今回は初めてということもあり組み立てには1時間ほど…

まとめ

メタリックのパズルということで、苦戦したのは針金のように曲がってしまうことです。特に極細の棒の部分なんかは指で触ってたらクニャクニャするので折れるかと思いました!
このあたりは動画とかも交えると伝わりやすいかもですね…ほんとに最初と最後だけの写真でごめんなさい;D

完成してみるとなかなかの見た目で満足です。よくある平面のパズルとはまたひとつ違った楽しさがありますし、1000ピースのような高難易度のものではなく今回のような簡単なものだったらとっつきやすいと思いますので、みなさんも1ヶ月に1つくらいの間隔でやってみてはいかがでしょうか!運がよければ集中力も自由自在にコントロールすることができるようになる…かもしれませんよ:)

以上、@noramasaでした!